移転したダリオです! ここでも更新は遅くなるかもしれません(ミクシイの所為)が、よろしくお願いします!
マハーバーラタの奇跡
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
結局何が嫌かというと
2006-11-30-Thu  CATEGORY: 一般論
おいていかれるのが嫌なのだ。
皆がしていることをしていない。
皆が行った場所に行けない。
皆が持っているものを持っていない。
皆が出来ていることが出来ない。

こういう状況であることをまざまざと見せ付けられたとき、僕は激しい敗北感に苛まれる(だから僕は今、授業に出ずにドイツ語をやっている)。

もちろん、才能とか時間とかお金とか嗜好とかの関係で、上記の状況になってしまうことは多々ある。むしろ、それが殆どだともいえる。
だから、僕は役割を求めるわけだ。自分を慰めるために。ある点では劣っていても、その役割のために自分が必要とされると錯覚できるような。



まあしかし、そんなもの簡単に手に入るわけもない。
突出した能力でもあればいいのだろうが、僕にそんなものはない。能力のバランスが取れているわけでもない。そのくせ、短所だけは大量にある。
そういうわけだから、僕はいつも所属している集団の中で「その他大勢」に分類されそうになる。
それを避ける手段として、「異端」というキャラクタを獲得するのだ。
「異端」になるのは難しくない。
単純に、他の人と違うことをすればよいのだ。
それが、僕にとっては限りなくつらい。
僕は、皆においていかれるのが嫌だ。「異端」になるのはその嫌なことを自らに課す行為である。
それに最近は、立場だけ「異端」になってしまっているような気がする。
仲間に入れない。
仲間だとみなされない。
妙な疎外感を感じる。
しかし、十分に「異端」の役目を果たせてはいない。
僕はもう、疲れた。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック1 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントトントンミー | URL | 2006-12-01-Fri 00:02 [EDIT]
いや、絶対にあるだろう。人には負けてるところがあっても、絶対的に自分が自信を持っているものが。当然トントンだってあるさ。ダリオに国語じゃ勝てない。けど、数学では勝てる。
別にそれが勘違いでもいいと思う。彼みたいにね。調子に乗りすぎるのもダメだが、多少のチャレンジは必要だ。べジータを思い出せ!一体、奴はどれだけプライドが傷つけられたんだ!?
コメント探索者ダリオ | URL | 2006-12-02-Sat 02:41 [EDIT]
>とんとん
  うん、ありがとう。
  確かに、ベジータはプライドを幾度となく傷つけられても自信を持っている部分、タフだよなw
  Dの自信……それは山よりも高く、マリアナ海溝よりも深い。
  
車は男のステータスだよなw
コメントタイラノ清盛 | URL | 2008-12-05-Fri 05:27 [EDIT]
うはっ!マジできたよ!!俺落札www
エ ロ女に落札された俺、エ ッ チするだけで6万円貰えたww
3ヶ月間買われまくって、貯金 4 0 0 万 突破w速攻でフェアレディZ買いまし たww
http://dtjapan.net/n-doll2_h/<RANDDOMSTR>/
承認待ちコメント
コメント | | 2009-01-03-Sat 14:43 [EDIT]
このコメントは管理者の承認待ちです
トラックバック
TB*URL
-
トラックバック 2012-11-22-Thu 03:50
管理人の承認後に表示されます [続きを読む]


余白 Copyright © 2005 マハーバーラタの奇跡. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。